メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事|文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>江西
更新時間:15:16 Jul 30 2008
江西省の靖安東周墓で古代人の大脳組織を発見
東周古墳の発掘現場(7月1日)
 国家文物局の専門家はこのほど、江西省靖安県に位置する約2500年前の東周墓の第33号の棺から出土した軟組織を鑑定したところ、この軟組織は人間の脳の持つ解剖学的特徴を持っており、この墓の主の大脳組織であると断定した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 古代人類体質研究の権威、吉林大学の朱泓教授は、第33号の棺から出土した大脳組織は、すでに大人のこぶしの大きさまで萎縮しているが、完全な形で左右脳、小脳、脳幹を残しており、この墓の主の大脳組織であると断定できるとした。(編集YT)

 「人民網日本語版」2007年7月2日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介