メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>江西
更新時間:15:16 Jul 30 2008
江西省で千年前の絹織物を発見 保存状態も良好
 江西省の靖安東周墓群で重大な発見があった。29日までに同墓群の棺47基中22基が調査され、1000年前の織物20件余りを含む、貴重な文化財200件余りが出土。これまでに発見された中で最古の絹織物であり、中国織物の起源や発展に対する認識が一変すると専門家は見ている。中国新聞社が伝えた。

 首都博物館の絹織物の専門家・王亜蓉氏によると、スペクトルで検査すると、最大の「方孔紗」は、わずか0.1ミリの絹糸を使用、1センチあたり縦糸280本以上という驚くべき高密度で織られており、当時の紡績技術がすでに相当高い水準にあったことが示された。(編集NA)

 「人民網日本語版」2007年7月31日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介