メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>福建
更新時間:15:16 Jul 30 2008
世界有数の投資ファンド、チャンスを求めてアモイへ
第12回中国国際投資貿易商談会が9日8日、廈門(アモイ)で行われる。大会組織委員会・運営部の李流泉・副部長は「今年は商談会期間中に中国財産権取引フェア(China Property rights Exchange Fair)を重点的に推進する。この間、1000億ドル規模の巨額資本を抱えた世界トップクラスの私募ファンドが投資事業を求めて参加する見通しだ」と紹介した。「市場報」が伝えた。

 中国財産権取引フェアは、商談会のメリットを生かし、財産権の取引および成長企業の融資サービスをめぐり、投資側・事業側・仲介側が全面的に参加して意思疎通を行う。このほか、展示、シンポジウム、事業の直接商談も行い、各分野の投資機関が300社以上出展・出席し、投資総額は1000億ドルを超える見込みだ。カーライル・グループ、バークシャー・ハサウェイ、リーマン・ブラザーズなど世界有数の投資ファンドがチャンスを求めてここに集結し、350社を超える高成長企業や、5000を上回る優れた融資事業がパートナーを求めて、このフォーラムに参加する。

 毎年9月8日にアモイで開催する中国国際投資貿易商談会は今年で12回目を迎え、ここ数年で中国にとって国際資本を導入する重要なプラットフォームへと発展した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年7月18日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介