メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>河南
更新時間:14:34 Jul 30 2008
鄭州空港、国内初の低価格ターミナルが運営開始(2)
 中国民用機場(民間空港)協会の王健秘書長によると、低価格ターミナルは、欧米などの航空業が発達した国ではよく見られる。国内で試みられたのは、航空会社と空港側の交渉による結果だ。陸路に対する競争力を高めるために、空港が低価格ターミナルを運営し、多くの格安航空会社に使用してもらうことで、大きな効果や反応を得ることができる。

 春秋航空の王正華董事長はこれに対し、「国内は空港数が少ないため、主要空港の脇の建物を利用して、新たな低価格ターミナルを作ることができる」と述べている。春秋航空の広報スタッフである張磊さんによると、国内の格安航空会社は、離発着料の他、関連材料の高い輸入関税や付加価値税などを背負わなければならない。実際、国外の格安エアチケットは、一般チケットと比べて80%も低くなっている。国内の格安チケットの価格もまだ下がる見込みがある。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年4月2日

関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介