メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事|文字
現在位置:ホーム>>山西
更新時間:15:03 Jul 30 2008
山西省の炭鉱で爆発事故 70人死亡26人まだ坑内に
事故が発生した炭鉱(12月6日)
 国家安全生産監督管理局と山西省安全生産監督管理部門によると6日早朝、山西省臨汾市洪洞県左木郷紅光村にある瑞之源煤炭業有限公司が新たに採掘した炭鉱で爆発事故が起こった。6日午後8時までで作業員ら70人が死亡し、少なくとも26人が坑内に閉じ込められているという。現在、緊急救助活動が行われている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 救助指揮部では、被害が広がった主な原因を事故発生後すぐ上の関係部門に通報せず、自分たちで救助をしていたためとみている。

 国家安全生産監督管理局の李毅中・局長と中国共産党山西省委員会の張宝順・書記は事故現場にかけつけ、緊急救助指揮部の報告を受けた後、救助活動に対してさらに踏み込んだ要求を出した。

 同炭鉱の年間生産量は21万トン。爆発地点は9号の石炭層で、違法採掘をしていたものと思われる。その他の詳細状況や事故原因についてはまだ調査中。(編集KA)

 「人民網日本語版」2007年12月7日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介