メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>河北
更新時間:13:48 Jul 30 2008
河北省、水産物の病害予防に漢方薬を活用
 河北省の科学技術プロジェクト「漢方薬を活用した水産物の病害予防に関する技術研究開発」がこのほど、同省の科技庁が組織する専門家グループの承認を得た。専門家は水産物の病害予防に漢方薬が利用されれば、無公害水産物の養殖を今後促していくのにプラスになると指摘する。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 同プロジェクトは2001年から7年の歳月をかけて研究が続けられてきた。長年の困難に満ちた科学研究で、水産養殖の実践にうまく中医の漢方薬理論の中に取り入れ、試行錯誤を何度も繰り返した結果、水産物のウイルス性・細菌性疾病の予防、寄生虫の駆除、水産物の免疫力向上などの面で成果が実った。

 「毒菌消」、「免疫強体素」など水産物専用の漢方薬4種類を開発すると同時に、生産検査を無事通過。これらの漢方薬は現在、全国16の省・直轄市の延べ25388ヘクタールに及ぶ養殖場で試用され、純収益が1億2800万元増加したという。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年1月24日

関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介