メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>河北
更新時間:13:48 Jul 30 2008
河北省の農民、元宵節の文芸公演を18年開催
 河北省肥郷県北営村で19日午後、年に1度の「元宵文芸公演」が日程通り開催された。農民の王福臣さんが村民のために17年前から続けているものだ。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 公演は午後2時から夜まで続き、内容も豊富。今年は特に永年県から歌舞団も招いた。歌曲、舞踊、小演目、漫才に、村民達は拍手喝采。村民自ら演出した、親しみのある出し物も間にはさまれた。

 王さんは「北営村は3県の境界にあり、文化面の生活が単調」と指摘。このため1991年から、毎年旧正月13日に村民による「元宵文芸公演」を開催することにしたのだという。当初は主に、村民の自作自演の出し物を午後から夜まで披露。好評を呼び、周辺の村からも出演者や観客が集まるようになった。公演のレベルを高めるため、ここ数年は周辺の県から専門の団体も招き、さらに精彩を加えている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年2月21日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介