メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:ホーム>>地方情報>>吉林
更新時間:13:42 Jul 30 2008
アジア随一の名山、長白山南斜面、観光客に開放される
 吉林省にある中国十大名山のひとつ、長白山南斜面風景観光区がこのほど国内外観光客に対し開放された。今回の開放により、長白山天池風景区の北、西、南の各地域がすべて開放されることになり、長白山天池を訪れる観光客は、3つの異なる角度から長白山の勇壮なその姿を堪能できる。

 長白山南斜面は中朝国境に位置し、西斜面および北斜面と較べ、炭化木遺跡、鴨緑江大峡谷、高山湿地、岳樺瀑布など17カ所の自然景観を有しており、長白山のその神秘的な姿をより感じることができる。うち、鴨緑江大峡谷は南北全長20キロメートルあまり、河幅は東西に200メートル以上、峡谷の深さは170メートル以上の壮大なスケールを誇る。長白山は海抜が高くなるにしたがい、南斜面には麓から計4つの異なる天然植物分布帯が存在、とりわけ1千年前の炭化木遺跡、高山森林湿地はアジア随一の奇観として知られている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2008年7月14日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京五輪マスコットアニメの紹介 北京五輪マスコットアニメの紹介