皆既日食 2009.07.22

ホーム 経済 社会・生活 政治 文化・科学 中日交流 評論 写真 動画

特集

  今回の皆既日食が非常に注目を集めている点として、天文学者の推算によると、皆既日食の理論上の継続時間は最長7分41秒となり、これまでの観測記録から、人類が未だかつて観測したことがない長時間にわたる皆既日食であることがあげられる。20世紀以降、皆既日食の時間が最も長かったのは1955年6月20日に赤道付近で発生したもので、7分8秒に達した。

・  皆既日食、上海に2万人の日本人観測客
・  成都金沙遺跡博物館 皆既日食観測の準備が整う
・  皆既日食、各地で天文学を学ぶ様々な催し開催
・  500年に1度の皆既日食がビジネスチャンスに
・  皆既日食世界最高の観測地・長江デルタに続々と海外観光客
・  浙江 皆既日食ツアーに人気集まる
・  「世紀の皆既日食」 中国が最高の観測地
・  日本から中国への皆既日食ツアーが人気

動画


このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。

掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 5820-3719 MAIL:[email protected]