月探査衛星「嫦娥2号」

ホーム  社会  経済  政治  文化・科学技術     中日交流

3つの見どころ 6つの技術イノベーション 長征3号丙ロケット 西昌衛星発射センター 北京航天飛行制御センター 

ニュース                   一覧へ

「嫦娥2号」とは

 「嫦娥2号」はもともとは、第1回月探査プロジェクトが失敗したときのために作られたバックアップ衛星だった。このため「嫦娥1号」と「嫦娥2号」の外見は、サイズ・形ともに全く同じで、一卵性の双子のようだ。「嫦娥1号」の打ち上げ成功に伴い、バックアップ衛星の使い道も再度考慮され、補欠からレギュラーへと転身、正式に「嫦娥2号」と命名された。

・ 西昌市 「嫦娥2号」打ち上げ参観のため観光客が殺到

・ 月探査衛星「嫦娥2号」、その結末には3つの可能性

・ 「嫦娥2号」、全月面写真は撮影せず

・ 「嫦娥2号」、「嫦娥3号」着陸予定エリアの画像を取得へ

・ 専門家「中国の月探査は世界の第2集団に属する」

・ 「嫦娥2号」、今晩18時59分57秒の打ち上げが確定

・ 嫦娥2号の総指揮ら西昌発射基地に到着


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8257、080-5077-8156(24時間)  北京 (010) 6536-8386 MAIL:japan@peopledaily.com.cn