2010年北京第1回世界武道・格闘技運動会が8月28日から9月4日まで開催される。同会は新しい総合的なスポーツ競技会で、国際スポーツ連盟総会が創設したもので、4年に1回開催され、競技種目は国際スポーツ連盟総会が認定する武術や格闘技のスポーツから構成される。武術、合気道、ボクシング、柔道、柔術、空手、剣道、格闘技、タイ式ボクシング、サンボ、相撲、テコンドー、レスリングの13競技からなり、各競技の試合は世界トップクラスの技術・格闘技の選手が参加する。
世界武道・格闘技大会開幕式の生中継


イメージ大使が続々と登場一覧へ
レスリングのイメージ大使

レスリングのイメージ大使

合気道のイメージ大使

合気道のイメージ大使

サンボのイメージ大使

サンボのイメージ大使

相撲連合会のイメージ大使・旭鷲山昇

相撲連合会のイメージ大使・旭鷲山昇

テコンドーのイメージ大使・韓国の鄭俊潔

テコンドーのイメージ大使・韓国の鄭俊潔

剣道のイメージ大使・日本の武安義光

剣道のイメージ大使・日本の武安義光

写真
武道・格闘技運動会 タイ式ボクシング決勝戦

武道・格闘技運動会 タイ式ボクシング決勝戦

ベルトレスリング 競技場のダンス

ベルトレスリング 競技場のダンス

武道・格闘技運動会 女子空手決勝戦

武道・格闘技運動会 女子空手決勝戦

武道・格闘技運動会 柔術の夫婦選手

武道・格闘技運動会 柔術の夫婦選手

武道・格闘技運動会の北京で相撲ブーム

武道・格闘技運動会の北京で相撲ブーム

剣道協会の活動

剣道協会の活動

武道・格闘技運動会の異性対決

武道・格闘技運動会の異性対決

柔道男子で日本の選手が優勝

柔道男子で日本の選手が優勝

女子柔道無差別級

女子柔道無差別級

キックボクシング

キックボクシング

ムエタイ

ムエタイ

ボクシング

ボクシング

サンボ

サンボ

合気道

合気道

柔道

柔道

テコンドー

テコンドー

空手道の決定的場面

空手道の決定的場面

空手道の決定的場面

空手道の決定的場面

武術 中国の優れた文化遺産

武術 中国の優れた文化遺産

武術 中国の優れた文化遺産

武術 中国の優れた文化遺産

ミス・ユニバースがタイ式ボクシング大使に

ミス・ユニバースがタイ式ボクシング大使に

ミス・ユニバースがタイ式ボクシング大使に

ミス・ユニバースがタイ式ボクシング大使に

唯一の非アジア圏の選手が注目を集める

唯一の非アジア圏の選手が注目を集める

唯一の非アジア圏の選手が注目を集める

唯一の非アジア圏の選手が注目を集める

世界武道・格闘技大会の開幕式を北京で開催

世界武道・格闘技大会の開幕式を北京で開催

世界武道・格闘技大会の開幕式を北京で開催

世界武道・格闘技大会の開幕式を北京で開催

世界武道・格闘技大会の開幕式を北京で開催

世界武道・格闘技大会の開幕式を北京で開催

2010年北京第1回世界武道・格闘技運動会 主な5会場の紹介
中国農業大学体育館 中国農業大学体育館 (北京2008年オリンピックのレスリング会場)は北京市海淀区清華東路17号中国農業大学東校区内にある。

中国農業大学体育館 (北京2008年オリンピックのレスリング会場)は北京市海淀区清華東路17号中国農業大学東校区内にある。

北京科技大学体育館 北京科技大学体育館は第29回オリンピックの柔道、テコンドーの会場で、海淀区学院路30号北京科技大学の校内にある。校内の主軸上に位置し、北京市の主要な幹線道路・北四環路に近く、交通が便利だ。

北京科技大学体育館は第29回オリンピックの柔道、テコンドーの会場で、海淀区学院路30号北京科技大学の校内にある。校内の主軸上に位置し、北京市の主要な幹線道路・北四環路に近く、交通が便利だ。

国家体育館 国家体育館は扇とも呼ばれ、北京オリンピックの三大メイン会場の一つだ。2005年5月28日から建設が開始され、2007年11月末に竣工し検収を受けた。

国家体育館は扇とも呼ばれ、北京オリンピックの三大メイン会場の一つだ。2005年5月28日から建設が開始され、2007年11月末に竣工し検収を受けた。

北京大学生体育館 北京大学生体育館は建築面積1万2千平方メートルで、競技場は長さ50メートル、幅32メートル、高さ13メートル、周囲には4200の観客席がある。

北京大学生体育館は建築面積1万2千平方メートルで、競技場は長さ50メートル、幅32メートル、高さ13メートル、周囲には4200の観客席がある。

オリンピック体育センター体育館 オリンピック体育センター体育館の陳俊宝副館長によると、オリンピック体育センター体育館の現在の建築総面積は47410平方メートル(トレーニング館を含む)、そのうち体育館は28000平方メートル、トレーニング館は15000平方メートルで、拡張建築した部分は4410平方メートル。

オリンピック体育センター体育館の陳俊宝副館長によると、オリンピック体育センター体育館の現在の建築総面積は47410平方メートル(トレーニング館を含む)、そのうち体育館は28000平方メートル、トレーニング館は15000平方メートルで、拡張建築した部分は4410平方メートル。