北京の小喫(軽食)は長い歴史を持ち、様々な種類があり、材料や作り方に工夫が凝らされ、評判が高い。こうした軽食は廟会(縁日)や道端、市場などで売られ、思わぬときに見つかることから、北京の地元では「ポン頭食」(ポン頭はぶつかるの意味)と呼んでいる。有名なものをご紹介したい。
関連特集
北京の特色あふれる軽食一覧へ
焼麦

焼麦

豌豆黄

豌豆黄

氷糖葫芦

氷糖葫芦

豆腐脳

豆腐脳

芸豆巻

芸豆巻

杏仁豆腐

杏仁豆腐

炸醤麺

炸醤麺

糖巻果

糖巻果

糖火焼

糖火焼

糖耳朶

糖耳朶

薩其馬

薩其馬

酸梅湯

酸梅湯

肉末焼餅

肉末焼餅

鍋貼

鍋貼

クリーム炸コウ

クリーム炸コウ

ナイラオ

ナイラオ

麻豆腐

麻豆腐

面茶

面茶

鹵煮火焼

鹵煮火焼

驢打滾児

驢打滾児

開口笑

開口笑

排叉

排叉

芥末白菜

芥末白菜

糊タ子

糊タ子

蛤蟆吐蜜

蛤蟆吐蜜

果子干児

果子干児

灌腸

灌腸

豆汁焦圈

豆汁焦圈

ダーリエン火焼

ダーリエン火焼

炒紅果

炒紅果

チャオゲオダー

チャオゲオダー

炒肝

炒肝

爆肚児

爆肚児

艾窩窩

艾窩窩

門釘肉餅

門釘肉餅

小窩頭

小窩頭

北京の軽食街
グェイジェー  グェイジェーは「鬼街」と同じ発音だが、名前を聞いても尻込みする必要はない。この名前の由来は昼夜24時間営業の食品関連の街で、夜が更けても賑やかなことによるためだ。もしあなたが夜更かし族なら、この街を訪れて長い夜を楽しんで見るのがよい。

 グェイジェーは「鬼街」と同じ発音だが、名前を聞いても尻込みする必要はない。この名前の由来は昼夜24時間営業の食品関連の街で、夜が更けても賑やかなことによるためだ。もしあなたが夜更かし族なら、この街を訪れて長い夜を楽しんで見るのがよい。

牛街清真食品特色街  牛街民族特色街区は北は広安門内大街から南は南横西街、棗林前街まで、西は白広路から東は教子胡同にいたる35.9ヘクタールの面積で、道の両側に沿った地区には商業用建築物約8万平方メートルが計画されている。

 牛街民族特色街区は北は広安門内大街から南は南横西街、棗林前街まで、西は白広路から東は教子胡同にいたる35.9ヘクタールの面積で、道の両側に沿った地区には商業用建築物約8万平方メートルが計画されている。

前門大街 前門大街には北京の多くの老字号(老舗)レストランが集まっている。ここは北京の長い歴史を持つ食文化の代表で、北京に来た観光客が必ず訪れる場所の一つでもある。

前門大街には北京の多くの老字号(老舗)レストランが集まっている。ここは北京の長い歴史を持つ食文化の代表で、北京に来た観光客が必ず訪れる場所の一つでもある。

九門小吃 「九門小吃」は北京の有名な風景区の什刹海の北、宋慶齢故居の西側に位置する。消滅の危機に直面した伝統的な軽食を救い、振興させるために設立された老北京伝統小吃(軽食)延続発展協会が提唱したものだ。

「九門小吃」は北京の有名な風景区の什刹海の北、宋慶齢故居の西側に位置する。消滅の危機に直面した伝統的な軽食を救い、振興させるために設立された老北京伝統小吃(軽食)延続発展協会が提唱したものだ。

石景山台湾小吃街 台湾小吃街は彫塑公園の玉泉路と八宝山地下鉄駅の間にあり、台湾街は八宝山地下鉄駅の南側、彫塑公園の南西角に位置する。オアチェン、棺材板、臭豆腐といった台湾の軽食が楽しめる。

台湾小吃街は彫塑公園の玉泉路と八宝山地下鉄駅の間にあり、台湾街は八宝山地下鉄駅の南側、彫塑公園の南西角に位置する。オアチェン、棺材板、臭豆腐といった台湾の軽食が楽しめる。

王府井小吃街 王府井小吃街は北京及び各地の有名な軽食が集まる場所だ。面積2000平方メートル以上、建築面積1000平方メートル以上に及び、整備された施設を持ち年中無休だ。軽食のほかにも民間工芸品や民俗品などの屋台もあり、多くの民間工芸品を見ることができ、優れた技を持つ職人の腕を目の当たりにすることができる。

王府井小吃街は北京及び各地の有名な軽食が集まる場所だ。面積2000平方メートル以上、建築面積1000平方メートル以上に及び、整備された施設を持ち年中無休だ。軽食のほかにも民間工芸品や民俗品などの屋台もあり、多くの民間工芸品を見ることができ、優れた技を持つ職人の腕を目の当たりにすることができる。