内蒙古呼倫貝爾で大雪

 

 内蒙古自治区呼倫貝爾市の一部地域は30日、大雪にみまわれた。海拉爾区、牙克石市、扎蘭屯などが大雪となり、降雪により呼倫貝爾市の航空便38便、旅客バス229便が運休し、多くの利用客が足止めされた。海拉爾区では多くの航空便が欠航し、空港も閉鎖された。大雪は交通や放牧地域の家畜の出産にはマイナスの影響を与えるものの、森林や草原の防火にはプラスの役割を果たし、山火事のリスクを低減している。また降雪は土壌の乾燥の緩和に役立ち、春の耕作に有利になる。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年3月31日