雨の月河古街の夜景

 

 写真は夜の帳が下りた頃、京杭大運河北岸の民家の明りが水面に映る様子(30日撮影)。小雨が降る夜、浙江省嘉興市で最も保存状態がよい歴史的町並みの月河古街は普段に比べて静かで、幽玄な雰囲気を漂わせていた。1700年以上の歴史を持つ京杭大運河が昔と変わらず街中を流れ、雨に洗われた両岸の民家が明りにひときわ映える姿を見せる中、観光客が傘をさしながら、湿った空気の中で石畳の小道を歩く姿が見られた。沿道のレストランや店の明りが輝き、おいしそうな料理の香りが漂う中、町は水郷の古城の風景画のような姿を見せていた。「新華網」が伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年5月31日