長沙 世界大学生中国語コンテスト決勝戦

7月25日夜、第11回「漢語橋」世界大学生中国語コンテストの決勝戦が長沙で行われた。オーストラリアの白麗莎選手(写真中央)が清の宮廷の皇后に扮して舞台に上り、会場の喝采を浴びていた。 7月25日夜、第11回「漢語橋」世界大学生中国語コンテストの決勝戦が長沙で行われた。マダカスカルの余賽亜選手(写真左)が「阿斯瑪」を演じて人気を集めていた。素晴らしいパフォーマンスで、彼女は1等賞と最優秀パフォーマンス賞の2つを受賞した。
 

 第11回「漢語橋」世界大学生中国語コンテストの決勝戦が25日夜、長沙で閉幕した。決勝戦では韓国の孫志●選手が優勝し、「優秀中国語使者」の称号と中国国家漢語国際普及指導小組弁公室が提供する孔子学院奨学金を獲得した。また余賽亜さんが最優秀パフォーマンス賞、羅振輝さんが最優秀口語賞、邱傲文さんが最優秀インターネット人気賞をそれぞれ獲得した。「中国新聞網」が伝えた。●は日に午。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年7月27日