韓国 判定に不満で競技場に1時間座り込む選手

 

 ロンドンの現地時間30日夜7時ごろ、韓国のシン・アラム選手はフェンシング女子エペ個人準決勝戦で5対6でドイツのブリッタ・ハイデマン選手に敗れた。シン選手と韓国チームコーチは審判の判定を不服として抗議したが聞き入れられず、シン選手はピストに座り込んだ。7時10分と40分から行われる予定だった競技はこれを受けて遅延した。「中国新聞網」が伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年7月31日