上海 腕を振るうロボットの「調理師」

 

 ロボットの「調理師」3台が先ごろ、上海市楊浦区耐特味道コミュニティーの公益サービスセンターに登場した。このロボットは回転する筒状の炒め鍋と制御コンピュータからなる。混ぜ合わせた食材や調味料をロボットの炒め鍋に入れてコンピュータを操作すると、3-5分でおいしそうな料理が完成する。このロボットは毎週30種類以上の料理を提供可能で、必要なら150種類まで増やすことができ、住民は自由に選ぶことができる。こうしたロボットの「調理師」がコミュニティーに登場するのは上海では初めてとなる。「新華網」が伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年8月24日