長春 航空ショー

9機編隊飛行を見せる「天の翼」チーム。 4機の菱形編隊で飛行する「天の翼」チーム。 9機のダイアモンド編隊飛行を見せる「天の翼」チーム。 低空編隊飛行を見せる「天の翼」チーム。 3機の回転飛行を見せる「天の翼」チーム。 逆立ちを見せる「天の翼」チーム。 2機によるアクロバット飛行を見せる「天の翼」チーム。 3機によるアクロバット飛行を見せる「天の翼」チーム。 2機によるアクロバット飛行を見せる「天の翼」チーム。
 

 空軍航空大学の入学式兼吉林長春第2回航空祭が26日、長春大房身空港で開幕した。空軍航空大学の「天の翼」、「紅鷹」、空軍八一航空アクロバット隊がその技を披露した。最初に「天の翼」チームのパフォーマンスが行われた。同チームはいずれも教学の第一線で活躍し、安全飛行時間が2千時間以上の特級操縦士4人と一級操縦士12人からなる。「天の翼」がパフォーマンスで使用する機体は中国が独自開発した初等教育6型飛行機だ。同日「天の翼」チームは9機編隊、3機の回転などのアクロバット飛行を見せた。「中国新聞網」が伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年8月27日