2011年5月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:00 May 26 2011

日本・東大阪市 中国残留日本人孤児の4世代の家族

 大阪で中国人46人が生活保護を集団で申請した事件が連日、日本社会で注目を集めている。この事件は再び中国残留孤児に注意を向け、彼らに様々な疑問の声が挙げられている。現在、日本の関西地区には残留孤児の子孫が3、4万人居住している。大阪府東大阪市には中国東北地方から来た残留孤児の子孫1800人がおり、残留孤児のコミュニティーの様子を呈している。写真は東大阪市のある残留孤児の4世代の家庭。1列目の左から3番目が残留孤児の栗原富士子さん、右から2番目が2世代目の潘淑雲さん、左から2番目が3代目の任艶茁さん。2列目の1番左が3代目の任艶艶さん。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年8月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古