2011年7月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:21 Jul 12 2011

雷雨の影響で京滬高速鉄道が故障 19本の運行に影響

 山東省の雷雨と強風の影響で10日午後6時ごろ、京滬高速鉄道の曲阜-滕州東-棗庄区間の下り線の架線に故障が起こり、京滬高速鉄道の19本に遅れが出た。

 事故発生後、鉄道機関は速やかに緊急対策をとり、故障した設備の修理に全力であたった。夜7時37分には修理が完了し、運行が再開された。

 専門家によると、今回の事故は京滬高速鉄道自体の質とは関係なく、雷雨と強風による架線の故障により列車の動力源が失われて停車したためだという。

 今回のような突然の停電事故に対して、京滬高速鉄道CRH380シリーズは緊急の換気や電力供給を1時間以上行なうことができる蓄電池を備えている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年7月12日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古