2011年7月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:28 Jul 14 2011

京滬高速鉄道 電力供給設備が3日で2回故障

 京滬高速鉄道の安徽省宿州地区で12日午前11時ごろ、電力供給設備の故障が発生し、列車が遅れる事故が発生した。事故の影響でD182、G212、G105、G2などの列車に遅れが出た。午後1時には修理が完了し、遅れた列車の運行も正常に回復した。故障の原因について上海鉄道局と上海駅の関係者は「はっきりしない」と語っている。10日に12本の高速鉄道が遅延したのに続き、京滬高速鉄道は2日以内に再び電力供給の原因で停車したことになる。

 故障が発生したのは京滬高速鉄道宿州付近の下り線の架線だ。故障発生時にD182に乗車していた乗客が発表したミニブログによると、列車は10時56分ごろ宿州東駅にもうすぐ到着するところで突然ブレーキがかかり停車、車内は停電した。他の乗客によると、当時11号車の外で火花が見えたという。

 京滬高速鉄道の下り列車が時刻表どおりに上海に到着しなかったため、虹橋駅では午後2時にG4が発車した後は発車する列車がなくなった。多くの乗客が次々と乗車券の払い戻しや変更を行い、飛行機に変更した乗客も多かった。虹橋駅では昨日、29本の列車が遅延したという。午後6時30分にはそのうち80%の発車時刻が確定された。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年7月13日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古