2011年8月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:31 Aug 12 2011

日本のデザイナーが風船を使ったバルーンドレスを制作

 日本のデザイナー、細貝理枝さんはずっとバルーンアートを追及し、バルーン作品を高級ファッション界にもたらした。細貝さんがデザインしたドレスが今年、ベルギー国際バルーン大会で受賞している。このバルーンドレスは200個以上のバルーンを使い、全て手作業で作られている。細貝さんによると、バルーンを同じ大きさにするのが難しく、またこうしたバルーンをモデルの体のラインに合わせる必要があるという。「バルーンの材質は特別で、位置の指定に気を配る必要がある。」ドレス一着の制作費は1千ドル近くで、「風船は安い」という既成概念を完全に覆すものだ。バルーンドレスの価格は1900ドルから2860ドルと様々だが、既に多くが売れているという。ドレスは24時間経つと徐々にしぼんでいってしまい、光や湿度の影響で色が変わってしまうものもあるという。

 細貝さんは10年前にバルーンを自分の仕事の中心とし、バルーンをただの装飾品からよりおしゃれなものにした。「結婚式やパーティーなどでバルーンドレスを着た人がいれば、サプライズになる。」(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年8月12日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古