2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:26 Jun 15 2012

長沙で世界最大の建築物を建設 ヘリコプター250機が着陸可能

 長沙の万家麗路と荷花路の交差点を通った人は、東南角に巨大な建築物が作られているのを目にすることだろう。「万家麗国際商ビジネスモール」と名づけられたこの建築物は基本的な形が見えてきたところで、今年末に主体工事が完了する計画だ。建築分野で「単体としては世界最大の建築物」を達成するだけでなく、まったく新しい大規模商圏を育み、誕生させることとなる。

 「万家麗国際ビジネスモール」は全国人民代表大会代表、万家麗集団董事長の黄志明氏が投資して建設するもので、2010年1月から起工。主体工事の投資総額は約10億元で地上26階、地下3階建て。建築総面積は55万平方メートル、メインビルは39万平方メートル近くある。エレベーター158基、2600台分の駐車場が設けられる。最もポイントとなるのは、中国の低空領域の開放にともない、メインビルと低層部の屋上にヘリコプター250機が離着陸可能なヘリポートが設置されている点だ。

 同ビルの建築総面積はドバイの世界一高い超高層ビルのブルジュ・ハリファよりも大きく、室内を取り巻く通路を歩くと一周38キロメートルに達する。現時点で単独の建築物としては世界最大の超高層建築物だ。

 同ビルの所在地は数多くの軌道鉄道の始発駅となる万家麗大道に位置し、長沙市の地下鉄2号線と5号線の中心乗換駅に直接面している。地下鉄中心乗換駅とビジネスモールは直接つながれているが、これは長沙でも初めてとなる。

 同ビルはその機能に基づき万家麗国際ショッピング広場と万家麗国際ビジネスセンターの2つのビジネス形態に分けられる。万家麗国際ショッピング広場は2階から12階までの計14階で、面積は合計23万平方メートル以上。万家麗国際ビジネスセンターの面積は16万平方メートルほどだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古