2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:14 Jun 15 2012

教鞭を忘れた教師が箒を使って授業

 教鞭を持参するのを忘れた漢口学院の教師、張貴芳氏が教室にあった箒を使ってPPTを指し示して授業を行った様子を学生が撮影してマイクロブログで発表し、わずか半日で何度も転載されるほど人気を集めている。同校の公式マイクロブログにも転載されている。

 張氏は大学1年生の「データベース応用技術」を教えている。「その時はちょうどプロジェクターでPPTを映して学生に練習問題をやらせようとしていた。その日はいつも持ってくる教鞭を忘れてしまい、指し示す場所に手が届かず、マウスで示してもはっきりしなかった。教室を見回すと箒があったので、持ってきて教鞭の代わりに使った。」

 マイクロブログに最初に掲載した学生の鄭秋静さんは、教師の行動をとても面白く感じたという。「皆、爆笑してしまった。先生は普段の授業でもユーモラスで、親しみやすい。」以前に張氏の授業を受講したことのある3年生の学生、李辰さんは「先生の授業はとても熱心で、以前理論を解説する時にちりとりを使ったこともある」、「ハリー・ポッターだけではなく、張先生も箒を使う」と語る。多くの学生が張氏の講義を評価しており、中にはずっと箒を使った講義を続けてほしいという声もあった。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年2月23日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古