2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:22 Jun 15 2012

武漢で高さ606Mの高層ビル建設

 緑地集団武漢公司の関係者は26日、建設中の中国第2位、世界第3位の高さとなる606メートルの武漢緑地センターが、現在計画を変更して高さを引き上げる予定だと明らかにした。上海センター(632メートル)を上回る中国一の高層ビルになる可能性がある。

 「世界第3位、中国第2位、中部地区第1位」と位置づけられた武漢緑地センターは、武漢長江トンネルと長江二橋の間の武昌の川辺に位置し、現在は基礎抗の施行中だ。元の計画では地上119階建て、地下6階建てで、2017年に完成する予定だった。

 武漢緑地マーケティングの呂振星総監が26日に明らかにしたところによると、高さ606メートルのこの超高速ビルの建設には、アジアで体積最大となる基礎抗を採掘する必要がある。基礎抗の地面面積は約3.6万平方メートルで、サッカー場5つよりも大きい面積だ。深さは約30メートルで、基部は地下50メートル以下に打ち込む必要がある。また水害防止などの問題にも対応する必要があり、中国で施工の難易度が最も大きい基礎抗工事の一つと言える。

 同ビルの高さをさらに引き上げるという情報について、呂総監は「超高層の計画には確かに変更があり、高さを引き上げる可能性を検討中だ。中国一の高層ビルとなる可能性もある。具体的な方案は研究中だ」と語る。

 同ビルがさらに高さを引き上げる計画であることについて、湖北大学商学院の肖?教授は意外には感じていない。肖教授によれば、中国の経済発展が続くのにともない、ここ数年多くの地方で超高層ビルの建設が進められている。経済発展の成果を示すランドマークとするために「中国一の高層ビル」が先を争って建てられている。現在世界の高層ビルトップ15のうち、9棟が中国に位置する。

 肖教授は、高さ606メートルの超高層ビルの高さをさらに引き上げるのは、現地の不動産市場の不況から、開発企業が話題づくりのために行う可能性があると語っている。

 また、武漢の3エリアの発展が日増しに同質化していることから、同ビルの高さが引き上げられるという見方もある。同ビルが位置する武昌濱江商務エリアは高さ606メートルの高層ビルを基盤として、武漢最大規模の現代的サービス業の複合体を形成する計画だ。川を隔てて500年以上の歴史を持つ漢正街は現在移転計画が進み、高さ666メートルの超高層ビルを建設して世界レベルの濱水観光商務エリアを構築する計画だ。対岸の江岸区でも、高さ707メートルの高層ビルを建築して、漢口の川辺の商務エリアを打ち出す計画がある。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年2月28日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古