2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:37 Jun 15 2012

日本のあちこちで見られる中国の要素

 日本・長崎の東山手一帯を歩く2人の女子学生。

 近代史において、長崎には中国を含む各国の政府関係者が居住していた。

 日本本土最西端の県政府所在地、長崎の町を歩くと、あちこちに中国の歴史・文化と日中交流の痕跡を見ることができる。同地には古代から近代にかけての中国風建築や集落が見られ、中国の伝統的な祝日の活動の名残が残されている。現地の飲食文化も同様に中国文化の影響を受けている。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
かんれいちん   2012-03-09125.77.120.*
中日の友好関係の現れはすでに生活のあちこちでも見えてきた。
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古