2012年5月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:39 May 31 2012

番組「舌の上の中国」撮影風景

 「屋上の菜園」の撮影現場。

 食品の安全の問題が中国を脅かす中で、ドキュメンタリー番組「舌尖上的中国(舌の上の中国)」が中国人に伝統的な料理の貴重さと食物にまつわるエピソードを再確認させている。中国中央テレビ局が制作した番組「舌の上の中国」は5月14日の放映開始以来、夜10時30分の放映時間帯に高い視聴率を得ているだけでなく、インターネット上でも2千万回近くのアクセスを達成している。中国の「グルメ」たちは画面の前でおいしそうな料理に魅惑されると同時に、素朴なエピソードに心を動かされている。

 7本のドキュメンタリーからなる同番組は最も一般的な中国人のエピソードからなり、中国の広大な土地の豊かな食材や様々な調理法を通じて、現代中国人の本当の生活を描いている。各回はテーマごとに、原料や主食、貯蔵、調理、生態環境といった観点から、食物が中国人の生活に与える文化的要素を飲食面、倫理面などから分析する。

 「中国の美食に対してこまやかな情感を寄せたものだ。」同番組第4回の監督をつとめた張銘歓氏によると、ドキュメンタリー番組撮影のためにスタッフ20数人は13カ月かけて中国各地の60以上の地方を訪れたという。様々な食材を前にして、張監督とスタッフは「中国人の精神を担う食物」という基準で選んだと語る。「中国網絡テレビ局」が伝えた。(編集YH)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
[11] [12]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古