2012年5月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:03 May 31 2012

米マイアミ 人食い事件

 顔の4分の3が食い尽くされた被害者。

 米フロリダ州マイアミで起こった「人食い事件」の惨劇の被害者の身分が明らかになった。被害者は65歳のホームレス男性で、顔の75%が食いちぎられて元の容姿は判別しがたく、顎鬚だけが見分けられる状態だという。

 男性は病院で治療を受けているが重体だという。男性はこれまで40年近くホームレス生活を続け、飲酒癖があり、銃撃を受けた経験もあり、また20回以上逮捕されているという。

 事件が起こったのは26日で、全裸の被害者男性がマイアミの街角で同じく全裸の31歳のホームレス男性に攻撃され、顔の大部分を食いちぎられた。現場に駆けつけた警察が犯人に何度も警告したがやめないため、最終的には射殺した。

 犯人男性は強力な幻覚作用を持つLSDなどを服用していた可能性がある。病院の救急担当の医師は「こうした薬品を服用すると人間の体温が急激に上昇し、攻撃性が高まる。中には口を攻撃の武器にする者もいる。以前、薬品を服用した体重80キログラム近くの患者をガードマン6人がかりで取り押さえた経験がある」と語る。

 しかし犯人の友人によると、北マイアミの高校を卒業した犯人は元々は「恐ろしい人食い犯」などではなかった。同級生は「私たちが知っている彼は穏やかでやさしいよい人間だった。こんな事を起こすような恐ろしい人間ではない」と語る。「中国新聞網」が29日伝えた。(編集YH)

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古