上海 環境に優しい下着ショー

 

 41回目の世界環境デーを目前に控えた4日、ある下着ブランドが2012年の世界環境デーの中国のテーマである「環境に優しい消費」にあわせて上海東灘湿地で独特のショーを行った。一般的なキャットウォークを歩くファッションショーとは異なり、「湿地、鳥、ファッション、愛」と名づけられた「騒音なし」の下着ショーでは、耳を劈くようなスピーカーもレーザー光もなく、キャットウォークさえ設置されていない。モデルは風や鳥の声をバックに、環境に優しい技術や素材でつくられた下着を自然の環境の中でアピールしている。「中国新聞網」が伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年6月5日