2012年6月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:36 Jun 08 2012

史上最も厳しい大学統一試験 不正行為防止

 2012年高考(全国大学統一試験)試験業務指揮センターで各地の試験会場の監視映像をチェックする担当者。
 
 写真は江蘇教育考試院の2012年高考(全国大学統一試験)試験業務指揮センターで7日、各地の試験会場の監視映像をチェックする担当者。江蘇省全体では294カ所、1万6188教室ある試験会場の全てに映像による監視システム、インターネットの巡視システム、不正防止システム、緊急対応指揮システムなどを導入し、標準化された試験会場の教育部、省、市、県・区との連結を実現、より秩序的で公平な環境内での入試実施を保証している。2012年の全国大学統一試験は同日から行われ、中国大陸部では915万人の受験生が参加する。今年の入試は新改訂の「国家教育試験違反処理方法」を全面的に適用し、試験会場における不正行為の処罰を強化しており、「史上最も厳しい」試験と呼ばれている。「中国新聞網」が伝えた。(編集YH)

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古