2012年6月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:53 Jun 28 2012

ドキュメンタリー 日本のサラリーマン

 西側諸国では日本の男性サラリーマンは神話といってもよいレベルで語られているという。しかしカメラマンが捉えた彼らの現在の姿はどういったものなのだろうか。「光明網」が伝えた。

 フランス人カメラマンBruno Quinquet氏は2006年から日本に住んでいる。偶然のサラリーマンとの出会いが彼に日本に留まることを決心させた。音響技術者として働いていた時、休日に甥を連れて富士山山麓まで旅行に出かけた時の事をQuinquet氏はこう語る。「歩いていると、カバンを手にしたサラリーマンが早足で道を歩いているのを見かけたので、足を留めてカメラで撮影した。サラリーマンはだんだん遠ざかっていったが、富士山と森、道を歩くサラリーマンが強い印象を残した。」

 翌日からQuinquet氏は東京のサラリーマンをテーマとする「サラリーマンプロジェクト」を開始した。Quinquet氏は絶妙の手法でテーマを扱い、作品は単なる社会批判ではなく、一種の「神秘的な色彩を帯びた自画像」となった。Quinquet氏はこれらの作品を写真集にして出版する計画だ。「中国新聞網」が伝えた。(編集YH)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古