2012年7月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:01 Jul 12 2012

富士山で長さ30Mの亀裂を発見

 日本の富士山の5合目付近で先ごろ、長さ30メートル、幅5−8センチの亀裂が発見された。日本の地震専門家によると、亀裂は火山活動とは関連はないが、山崩れを起こす可能性はあるという。山梨県政府はこの亀裂の調査を実施することを決定した。

 この亀裂は富士山登山の観光客のスタート地点となる5合目にある。東日本大震災の発生後4日目、富士山近くの静岡県東部ではマグニチュード(M)6.4の地震が発生し、その後亀裂が発見された。付近の作業員が土で亀裂を埋めたものの、最近になってこの亀裂が再び姿を見せ、しかも長さは30メートルに達している。

 日本の火山専門家によると、この亀裂は火山活動によるものではないが、過去の噴火口付近の地盤が弱い場所に位置するため、地震や豪雨の影響で山崩れが発生する可能性があるため、調査が必要だという。「中国新聞網総合媒体」が11日に伝えた。(編集YH)  

 「人民網日本語版」2012年7月12日  

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古