2012年7月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:02 Jul 12 2012

パリ 「動くベルサイユ宮殿」と呼ばれる豪華列車

 毎日地下鉄に乗って通勤するサラリーマンにとっては、混み合った車内の不快さや、座席に残された新聞、ガムの紙などのゴミなどにイライラすることだろう。しかしフランス・パリでは全く違った電車の車内環境が存在する。

 英「デイリー・メール」の9日の報道によると、パリ市中心地区とベルサイユ宮殿を結ぶRER Cラインの電車のインテリアは、まるでベルサイユ宮殿と同じぐらい豪華だという。車内の通路には金色の彫刻が置かれ、天井には豪華な絵が描かれ、壁面には映画が上映され、車両の中には本棚が設置されたものもある。車内ではベルサイユ宮殿で最も華麗な鏡の間やルイ16世の図書室などを見ることができる。

 列車をこのように改装した目的は、ベルサイユ宮殿の様々な姿に興味を持ってもらうためで、改装費用もベルサイユ宮殿側が負担した。同列車は年内に運営開始し、年末までに同様の列車4便を投入する計画だ。

 RER Cラインはパリでも利用客の多い路線の一つで、1日の利用客数はのべ55万人、そのうち10%が観光客だ。同路線はベルサイユ宮殿の他にもノートルダム大聖堂やオルセー博物館を経由しており、観光旅行に便利な路線となっている。「中国日報網」が伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年7月12日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古