2012年7月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:34 Jul 13 2012

中国航空 故障でチケット料金が0元に

 10日夜、公式ウェブサイトが故障したため、中国国際航空株式有限公司の各航空路線のチケット価格が全て「0元」となり、キャンペーン活動と思い込んだ多くの利用者がチケットを購入するハプニングが起こった。国際航空の顧客サービス部門の公式ミニブログはこの件について、0元のチケットは有効だとするコメントを発表した。

 あるインターネット利用者が提供した画像によると、10日夜の同社のウェブサイトでは、北京からバンコク、メルボルンなど多くの外国都市へと向うチケット価格が0元や「-10元」、「-20元」と表示されている。これを見た多くの利用者が次々と購入。しばらく後に故障に気づいた国際航空は故障を修正した。

 同社の顧客サービス部門の公式ミニブログでは先ごろ、問題の期間に同社ウェブサイトで0元のチケットを購入した利用者に対して、同社は利用者が購入したチケットを使って旅行する権利を保証すると発表した。「故障がどのように起こっても当社は負うべき損失を負担すると決定した。信用が最も重要だと考えるためだ」と公式ミニブログには記載されている。

 同社の対応については「緊急時の対応に成功した」、「国際航空を応援する」というコメントが寄せられる一方で、ホットラインに問い合わせたがチケット発券を断られたという情報も寄せられた。チケットが保証されるのは当時発券したごく少数の購入者のみで、料金は支払ったが発券は完了していない利用者に対しては対応されないという。なぜこうした違いがでるのか電話で取材を申し込んだが、担当者不在ということでコメントはなかった。

 大成弁護士事務所の華建偉弁護士は、消費者はチケット購入に成功したなら航空会社と協定を結んだのに等しく、合法的なルートでチケットを入手したのなら、購入契約は効力を持つと語る。国際航空が契約の成立を認めることは規定に合うことだという。

 過去のケース

 有効な0元チケットは先例あり

 こうしたケースは初めてではない。2010年1月18日夜、中国東方航空株式有限公司南昌支社でも従業員のミスから、同社の南昌から上海、広州、深セン、厦門(アモイ)、北京、昆明などへ向う国内線のチケット料金が元値の2%という安値で販売されたことがあった。東方航空はチケットの有効性を認めたという。「新京報」が伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年7月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古