2012年7月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:38 Jul 17 2012

五輪ユニフォーム工場の賃金は週給15ドル 五輪委員会が調査

 ロンドン五輪最大のスポンサー企業の一つ、スポーツブランド大手のアディダスが、ロンドン五輪の特許商品を生産するカンボジアの衣料品工場で、従業員への賃金が週給10ポンド(約15ドル)であることが判明し、五輪組織委員会が調査を進めている。

 アディダスは五輪組織委員会にこれまでに累計1億ポンドを投資している五輪の最大のスポンサーの一つだ。報道によると、カンボジアの首都・プノンペン近郊にある同社の衣料品加工工場の従業員は1日10時間、週6日働き、平均賃金は週10ポンド(約15ドル)だという。同社は14日、工場の従業員は月130ドルを受け取ることができ、9月には賃金を増加すると述べた。

 五輪組織委員会の報道官は、同委員会がこの件を重視して調査を実施していると明らかにした。

 ロンドン五輪組織委員会は五輪関連商品の製造企業と協定を結び、企業が従業員に十分な基本的な生活を保証する賃金を払うよう取り決めている。団体「Labour Behind the Label」は、アディダスのカンボジア工場の賃金待遇はこの協定に違反していると指摘している。

 アディダスの報道官によると、カンボジア工場はロンドン五輪の特許商品を生産しているが、組織委員会と結んだ協定に違反はしていないとコメントしている。「衣料品工場従業員の平均賃金は月給130ドルで、カンボジアが規定する最低賃金よりも多い。」

 団体「Labour Behind the Label」のスポークスマンは、カンボジアの法律で規定されている従業員の最低賃金は月66ドルだが、子供2人を持つカンボジアの世帯にとって最低限の生活に必要な賃金は月260ドルだと語る。英国「デイリー・テレグラフ」が14日に伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年7月17日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古