2012年7月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:36 Jul 23 2012

豪雨の北京

 7月21日、北京立水橋地区では冠水が深刻で、多くの車が水の中で身動き取れなくなっていた。当日午後6?30分、北京市気象台は2005年の天気予報・警告制度構築以来初めてとなる暴雨のオレンジ警報を発表。連続20時間以上の降雨となると予測した。暴雨の影響を受けて、北京市内の多くの立体交差橋の下は水がたまり、交通が中断された。 

 北京は21日、豪雨と雷にみまわれた。21日午後10時時点で北京の国家気候観測ステーション20カ所の平均降水量は163.7ミリを記録。これは北京で1951年以来の気象観測史上の最大量となる。北京市気象部門は天気予報・警告制度の構築以来初めてとなる豪雨のオレンジ警報を発表した。多くの航空便が欠航し、市内では立体交差が何カ所も冠水のために通行止めとなり、河川の堤防が1カ所決壊し、軍事訓練基地1カ所が浸水した。市内では交通警察官7千人以上が出動し、冠水した道路で自動車の誘導にあたった。各部門も積極的に対策に取り組んだ。北京の豪雨の夜の様子をご紹介する。「新華網」が伝えた。(編集YH)

【特集】北京で観測史上最大の豪雨

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古