2012年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:50 Aug 03 2012

夏の健康維持には苦い食品を

 プラン1: 高品質のたんぱく質を多くとる

 夏から秋へと移り変わるこの季節、食欲不振に陥る人も多いだろう。この時期にはさっぱりした食べ物が食欲を増進するだけでなく、病気の予防にも役立つ。さっぱりした食物は熱を冷まし、汗をひかせ、食欲を増進する。新鮮な野菜や果物を多く食べることで、栄養が充分とれるだけでなく、熱中症の予防にものある。主食は緑豆粥や蓮の実の粥などの淡白なものが適し、また梅のジュースや菊の花茶といった爽やかな飲み物も適度に飲むと良い。酢を少し摂取すると、胃腸のはたらきを整え、殺菌作用もあり、胃腸の病気を予防する。

 専門家によると、さっぱりした味のためには油の量を抑える必要がある。またたんぱく質を毎日70?90グラム摂取し、しかも半分以上は魚やエビ、鶏肉、卵、牛乳、豆製品など消化・吸収しやすい高品質のたんぱく質にすることがおすすめだという。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古