2012年8月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:30 Aug 12 2012

中国のロンドン五輪、外国人コーチが活躍 (5)

郭爽・宮金傑の金メダル取消後、モレロン氏は教え子のために、審判のもとに駆けつけ抗議を行った。

 ◆ダニエル・モレロン 教え子のために猛抗議

 フランス人のダニエル・モレロン(68)は、有名な元自転車競技選手で、自転車競技に一生を捧げている。2007年に中国を訪れ郭爽のコーチとなると、北京五輪の銅メダル獲得に貢献した。中国全国運動会の後、モレロン氏は中国チームのコーチに就任した。

 教え子のために、モレロン氏は自転車競技・女子団体の会場で猛抗議した。教え子の金メダルが取り消されると、モレロン氏は審判のもとに駆けつけ抗議したが、結局判定を覆すことができず、顔を真っ赤にしながら会場を後にした。モレロン氏にとって、中国女子を率いて参加した2度目のオリンピックで金メダルを獲得し、表彰台に立つことが最大の夢であったのだ。

 モレロン氏は「選手たちはルールに違反していない、何も問題がない」と述べ、試合後もチームに抗議するよう求めた。モレロン氏は長年の経験から、抗議が成功することはないと知っていた。「ルールによると、私たちに抗議する権利はないが、これで終わらせるわけにはいかなかった。イギリスが違反しても注意を与えないのだから、中国に対する判定は不公平だ」

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古