2012年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:46 Aug 16 2012

空軍女性操縦士が殲10型戦闘機で初飛行

離陸準備中の戦闘機の女性操縦士 (7月29日撮影)。

 空軍初の戦闘機の女性操縦士が先ごろ、中国が独自開発した殲10型戦闘機の単独飛行を無事完了し、第3世代の戦闘機の飛行能力を強化した。中国空軍の第3世代戦闘機陣営がその勇士を明らかにした。

 戦闘機の爆音が15日早朝、華北のある空港の空に響いた。この戦闘機を操縦するのは1980年代生まれの女性だ。青い空の下で、彼女の操縦する殲10型戦闘機は低空飛行、超低空飛行など多くの訓練をこなした。

 空軍は2005年に初めて戦闘機の女性操縦士の募集を実施し、応募した20万人以上の高校生から35人が選ばれた。4年後、その中の16人が正式に作戦部隊に配属された。何暁莉さんら5人は憧れの殲10型戦闘機の操縦士となり、他の隊員は爆撃機や武装ヘリコプター、輸送ヘリコプターなどに配属された。

 中国は世界でも女性操縦士が最多の国で、1951年に空軍が初めて女性操縦士の募集を開始して以来、9期・500人以上の女性操縦士が祖国の空を駆け巡っている。(編集YH)

[1] [2]

 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古