2012年10月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:29 Oct 17 2012

台湾地区の女性が唐代のメイクで人気を集める

 インターネットにメイク技法の写真をアップロードする女性が絶えない中で、奇抜なアイデアを思いついた人がいる。昔の女性のメイクを再現し、「唐代の宮廷女性のメイク」の方法について発表した女性がインターネットで人気を集め、10日あまりでのべ11万人が閲覧し、多くのコメントを集めている。メイクがあまりに似ているため、ネット利用者からは「画面から抜け出してきたようだ」、「唐の時代に生まれたらきっと妃に選ばれただろう」という声が寄せられている。

 台北教育大学美術学部を卒業した25歳になる陳妍卉さんによると、以前インターネットで見たメイク技法の写真はいずれも似通ったもので、つけまつげなどのアイテムが必須だったが、中国の化粧文化に関心を持っていた彼女は試してみたくなり、1カ月かけてインターネットで資料を集め、唐代の女性のメイクを研究し、先月自分の顔を「キャンバス」にして実際にメイクを試みた。陳さんの書き込みでは、4種類の化粧の仕方や、唐初期から後期にかけて流行した眉の形11種類が紹介され、化粧のプロセスだけでなく、化粧を施した顔と宮廷女性の絵の対比も行っている。絵に似せるため、濃く短い眉を描き、またえらが張るように力を入れている写真を撮影している。4日にマイクロブログで文章を発表したところ、のべ11万人が閲覧し、また中国大陸部や日本からも閲覧履歴があった。多くの人が「すごい」とコメントを残したという。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古