2010年11月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:12 Nov 19 2010

日本の3Dバーチャルシンガーが最新人気スターに

 外国メディアによると、「初音未来(はつねみく)」は、外形が可愛くチャーミングだけでなく、トレンディファッションを身につけ、歌声はさらに素晴らしい。多くのランキングを争う中でトップとなるシングル曲はすべて彼女のものとのこと。現在の彼女はすでに日本の最も新しいかつ人気絶頂のスターだ。日本のその他のスターと異なるところは、「初音未来」は決して生身の人間ではなく、バーチャルな映像アイドルに過ぎないことだ。
 
 「初音未来」の出現は直ちに日本の歌謡界に一大旋風を巻き起こし、彼女のリサイタルには、彼女を崇拝するファンが殺到し、会場はいつも満杯で、彼女の美しい声を聞くと、ファンたちの絶叫はほとんど天井を突き抜けんばかりだ。「初音未来」が歌謡界に入った後、彼女が一連のヒット曲を歌うと、関連する日本の映像サイトが雨後のたけのこのように現れた。プロセス全体を通して人々は空想科学映画の中の光景を連想できる。

 「初音未来」は、デジタル化身で、日本の科学技術会社「Crypton未来メディア」により作り出されたものだ。彼女を取りこんだあとは、消費者は編成過程を通して、「初音未来」にパソコン上でどんな歌でも歌わせることができる。このバーチャルスターはまだわずか16歳で、身長5フィート2インチ(約1.57メートル)で、彼女の性格については、設計者はそれほど多くを設定していない。Cryptonは、録音編集した他のスター歌手の声を利用し、ヤマハの音楽合成システムVocaloidを通じて、「初音未来」が歌う曲を作りだしている。「初音未来」の声は有名な女性歌手藤田咲の声を利用して作られており、それは単一の日本語の発音で構成され、完全に整った言葉に形成されている。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古