2012年8月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:42 Aug 14 2012

新疆巴里坤の「蒲類大観園」 遊牧民文化を展示

 新疆維吾爾(ウイグル)自治区巴里坤県にある「蒲類大観園」は180点の景観作品を利用して、現地の歴史ある遊牧文化を展示している。写真は匈奴の王帳。周囲を火の盆で囲まれ、王帳の傍には匈奴人と狼がおり、匈奴人が太陽と狼を崇拝することを表している。巴里坤は古くは蒲類と呼ばれ、漢の時代の36国の一つ、西域の蒲類国だった。大観園は2008年に建設され、園内では様々な景観作品を設置して烏孫や匈奴といったかつて巴里坤草原で生活し、戦った遊牧民の特色ある文化を展示している。彼らの王帳や祭壇は同園の代表的な芸術作品となっている。「中国新聞網」が伝えた。(編集YH)

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古