2012年3月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:08 Mar 23 2012

中国各都市の合理的な不動産価格は?北京は1平方メートル4935.45元

 「両会」(全国人民代表大会、全国政治協商会議)が閉幕した。今回の「両会」で民生に関する問題として最も注目を集めたのは不動産価格だ。近年、不動産価格の高騰は人民に大きな圧力を与えており、不動産価格の合理的な低下を願う声が高まっている。では合理的な不動産価格とはどの程度なのだろう。全国各都市の合理的な不動産価格を試算してみた。

 温家宝総理は、合理的な不動産価格は住民の収入に見合うべきだと発言している。国際的な慣例によると、1世帯の6年分の総収入で不動産を1軒購入できるという。この基準に基づき各地の合理的な不動産価格を計算した。

 各世帯に2人分の労働力があるとして、各地の1人あたり可処分所得を2倍した上でさらに6倍すれば、1世帯の6年分の総収入、つまり同世帯が負担可能な不動産価格総額ということになる。この値を基盤として80で割ると(1軒あたり平均80平方メートルとして計算)、各都市の合理的な不動産価格が出ることになる。

 計算式は次のとおり。都市の合理的な不動産価格=(都市住民の1人あたり年可処分所得×2×6)÷80。専門家は「両会」の影響を受けて不動産調整政策が引き続き役割を発揮し、不動産価格が合理的な水準まで戻ることを希望すると語る。そうすることで都市の人材誘致能力が高まり、深センのように人材不足が際立つ各地の都市の人材不足の現象が解決されるという。

 上海:5734.5元/(1平方メートルあたり)

 上海市統計局の統計によると、2011年の上海市都市住民の年の可処分所得は約38230元。

 計算式に基づくと次のようになる:(36230*2*6)/80=5734.5元/(1平方メートルあたり)。

 つまり上海市の合理的な不動産価格は5734.5元/(1平方メートルあたり)となる。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古