2012年7月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:45 Jul 24 2012

桂林 ミニスカートで入園料半額の公園が人気

 広西壮(チワン)族自治区桂林のあるテーマパークでは最近、長さ38センチ以下のミニスカートを着た女性を対象に入園料を半額にするキャンペーンが行われて論議を呼んでいる。賛否両論の議論が絶えない中でも来園者は増加を続け、21日から22日にかけて来園者のピークを迎えた。対象者は55元で入園が可能となるため、21日だけでも1万2千人以上の入園者が訪れた。 

 22日午前10時ごろ同園を訪れると、入り口には多くの車が停められていた。同日は晴天で気温は36℃に達していたものの、暑さをものともしない来園者が行列をつくり、ミニスカート姿の来園者がチケット売り場前でスカート丈の長さのチェックを受ける姿が見られた。同時に園入り口近くのトイレでは多くの女性が行き来していた。多くの女性が割引チケットのためにチケット購入前にトイレでミニスカートに着替え、入場後再び元の服装に着替えていた。来園者の蘇さんは「面倒だが、ミニスカートの長さも入場料も許容範囲内でお得だ」と語る。

 女性の来園者の大部分は年齢に関わらずミニスカート着用の55元の入園チケットを購入していたが、中にはズボン姿のまま110元のチケットを購入する人もいた。来園者の黎さんは「55元という入園料は確かに安いが、私はミニスカートが似合わないし、家族と休日を楽しむために来たのだから、普通のチケットを買っても問題ない」と語る。

 同園の邱柏華総監によると、同園では2007年から6年連続で夏にこうしたミニスカートのイベントを実施している。当初は風景区が国家5A級風景区の称号を獲得したお祝いのキャンペーンとして実施したが、キャンペーンを目あてに訪れる来園者が増加したために継続した。同キャンペーンが最近インターネットで議論になっていることについて邱総監は「予想外だ」としながらも、同キャンペーンはずっと健全なイメージを保っており、来園者にも好評であることから、この件で悪評が立つことは避けたいと語る。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古