2010年8月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:19 Aug 11 2010

異性意識は年長児から・見た目も大切… 「初恋」研究


 だれもが経験し、心の奥にしまい込んでいるもの。山口芸術短大(山口市)の中尾達馬准教授(発達心理学)が、「初恋」をテーマにしたユニークな調査研究をまとめた。アンケートで、幼児期に約半分の人が初恋を体験し、好きになる相手は「見た目」も大事??との結果が出たという。文学的なテーマや映画にも取り上げられてきた初恋。あなたはいつ、どんな人を好きになりましたか?

 調査は2007年11月から1カ月間行い、今年春、学内の研究紀要に「初恋についての探索的研究」として結果を載せた。山口県内の幼稚園の男女年中児計32人と年長児の計29人を、中尾准教授のゼミ生が個別面談。同短大1年の女子学生110人にもアンケートした。

 園児の個別面談では、まず「好きな子いる?」と質問。年中児27人、年長児28人と、いずれも大半が「いる」と答えた。「誰が好き?」と聞くと、年中児では27人中25人が同性の名前を挙げたのに対して、年長児は半数以上の16人が異性を挙げたという。

 一方、短大生には初恋の時期を選択式で質問。約半数の57人が「幼稚園・保育所」、49人が「小学校」と答えた。中尾准教授は「幼児期の初恋の出現率は約50%。年中児では少数だが、年長児になると上昇する」とみている。

 では、初恋相手のどこが好きなのか??。「好きな子」に異性を挙げた園児と、幼稚園・保育所と小学校で初恋をしたと答えた短大生を対象に、初恋の「ウラ側」も探ってみた。

 園児では、格好いい、かわいい、顔がいいなど「容姿」を挙げた子どもが35%でトップ。家が近い、通園バスが一緒などの「近接性」が21%で続く。短大生の初恋の決め手も「容姿」が33%で最も多く、「優しさ」(19%)や「近接性」(11%)を引き離した。他に「運動神経」(10%)、「面白さ」(8%)といった理由もあった。

 また、園児の調査を詳しく見ると、男児では年中児は相手の「容姿」を重視する傾向がみられたが、年長児は「分からない」と答える子が多かった。女児の場合、年中児は「面白さ」を重視するが、年長児になると「容姿」を選ぶ傾向があった。

 今回の調査は、ゼミ生が幼稚園に実習に行った際、園児が「好き」「結婚したい」と口にしていることに関心を持ったのがきっかけという。中尾准教授によると、大人の恋愛についての研究は数多くあるが、幼児期の初恋をテーマにしたものは少なく、日本心理学会で発表し、おもしろがられたという。

 中尾准教授は「見た目重視という結果は大人の恋愛とも似ていてシビアだった」と苦笑。自分の初恋も5歳だったと打ち明けるが、今後は年中児から年長児になると、急に異性に恋心をいだくワケを探りたいと思っている。(清水謙司)

 「asahi.com」 2010年08月11日

 Copyright 2009 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます。

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古