2011年11月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:43 Nov 13 2011

自慢の味、プレハブからの再出発 気仙沼に復興屋台村

 マグロ料理店、居酒屋などの仮設の飲食店街「復興屋台村 気仙沼横丁」が12日、宮城県気仙沼市に登場した。東日本大震災の津波で市内の主な商店街が壊滅したため、有志が「プレハブからの再出発」を合言葉にオープンにこぎ着けた。

 市が私有地を借り上げ、中小企業基盤整備機構が店舗を建て、有志が立ち上げた運営会社「復興屋台村」が冷蔵庫や調理台など備品をそろえた。19店でプレオープンし、26日から22店で本格的な営業を始める。

 営業するのは、震災で店舗を失った店主ら。ラーメン店を開いた大友つき子さん(59)は「店の備品も何も無い状態から立ち上がれた。必ず再起して、多くの皆さんの支援に応えたい」と話した。

 「asahi.com」 2011年11月13日

 Copyright 2011 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます。

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古