2012年9月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:12 Sep 15 2012

台風、16日未明にも沖縄最接近 瞬間風速70m予想

 大型で猛烈な台風16号は15日午前、沖縄の南の海上を北へ進んだ。非常に強い勢力を保ったまま16日未明にも、沖縄本島に最接近する見込み。沖縄や奄美地方では、最大瞬間風速60--70メートルが予想され、気象庁は暴風などへの「最大級の警戒」を呼びかけている。

 台風16号は15日午前9時、沖縄の南の海上にあり、時速約20キロで北北西へ進んでいる。中心の気圧は905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル。

 16日朝には九州南部の一部が暴風域に入り、17日午前に北部に最も近づくとみられる。16日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で沖縄、奄美30ミリ、四国200ミリ、九州北部で100ミリ。その後も雨量が増える所があり、土砂災害や河川の氾濫(はんらん)の恐れがある。

 沖縄では海や空の便に欠航が相次いでいる。那覇空港を発着する便では日本航空が15日昼から1日午前までの20便をとりやめ、約6千人に影響が出た。全日空やジェットスター・ジャパンも欠航を決めている。

 asahi.com 2012年9月15日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます。

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古