2012年9月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:23 Sep 17 2012

3年たってもすぐおいしい 防災用カップ麺、試験販売

 日清食品(大阪市)は、3年間保存できる防災備蓄用のカップ麺の缶詰を開発し、15日から大阪府池田市のインスタントラーメン発明記念館で試験販売を始めた。2500缶の限定販売で、この日だけで100缶程度が売れた。売れ行きなどを見極め、事業化も検討していくという。

 試験販売されたのは「チキンラーメン保存缶」と「カップヌードル保存缶」。ともに2食入りで、価格は630円。缶には袋詰めの麺や具、紙カップ、フォークが入っており、熱湯だけ用意すれば食べられる。通常のカップ麺の賞味期限は5~6カ月だが、缶内の酸素を減らすことで長期保存が可能になった。

 2種類を1缶ずつ買った兵庫県明石市の溝辺勝真君(12)は「3年間我慢できずにこっそり食べちゃうかも」と笑顔を見せた。(西村圭史)

 asahi.com 2012年9月17日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます。

 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古