2012年9月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:42 Sep 22 2012

盗難iPhone5、国内では通話不能 海外に転売か

 盗まれたiPhone5はどうなるのか。大阪府警の幹部は「各店に大量に最新機種が置かれる発売日を狙っており、転売目的の組織的・計画的な犯行だ」とみる。府内でこれまでに発生した携帯電話販売店の窃盗事件は、あくまでも売上金狙いで、携帯電話を狙って大量に盗む手口は珍しいという。

 KDDI(au)の広報部の担当者は「どういう意図か測りかねている」と話す。販売前のスマートフォンには、電話番号などの情報を記録した「SIMカード」を入れておらず、盗んでもそのままでは通話に使えないからだ。これまでのiPhone4Sのカードは、iPhone5よりも一回り大きいため互換性がなく、使い回しができないという。

 携帯電話に詳しいジャーナリストの石川温(つつむ)さん(37)は「販売前でも端末には個体管理番号がついている。もし販売店などに端末だけ持ち込んで契約しようとしても、ネットワークにつなげる際に盗難品と判明するので、国内では使えないはずだ。海外に転売した場合は使えるのかも知れない」と指摘する。中古携帯を売買する大阪市の業者は「管理番号で盗品だとわかれば引き取らない」と言う。

 asahi.com 2012年9月22日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古