2012年9月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:31 Sep 24 2012

領土対立、国際機関の活用訴えへ 首相の国連演説

 野田佳彦首相は米ニューヨークでの国連総会で26日昼(日本時間27日未明)に行う演説で、領土や領海をめぐる対立の解決に国際機関を活用することの重要性を訴える。ただ中国や韓国との関係が緊迫するなか、尖閣諸島や竹島など個別の問題には触れず、両国に冷静な対応を求める考えだ。24日に米国へ出発する。

 演説で首相は、日本外交の基本姿勢として、領土、領海をめぐる対立全般について「平和的な解決」の意義を強調する。その手段として、国連をはじめとする国際機関の活用や、関係国が国際法を尊重することの大切さを主張する。

 国際社会での「新たなルールづくり」も提唱。環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加も見据え、中韓両国を含むアジア太平洋地域での自由貿易圏拡大が、地域の平和と安定につながることを演説に盛り込む検討もしている。

 asahi.com 2012年9月24日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古